ブライダル関係者の方とお話すると、「来ていただいた時の感動を大切にしたいので、事前に中が歩けるようにしていいものか……」といったお声をいただきます

結論から言いますと、「少しだけ見せる」べきです

その少しとは、参列者の待合室であったり、ドレスの試着室などでしょうか

映画の予告編やスーパーの試食と同じで、購入の前には安心できる材料が欲しいものです

遠方で式場を探している場合やお仕事が夜勤の場合など、式場に行くことにハードルが有る人も大勢います

イメージが膨らむようバーチャルツアーを組み、安心と期待を胸に見学に来てもらう

事前に中を見て来場してくれるので、自然と成約率は上がり、結果、スタッフさんもお客様に集中できる環境ができます

「見てみたい」を「見て、行きたい」に変える

スペースクリエイトのモットーです